• HANZO

【アップデート情報 V5.0】アプリの診断機能の新しいデザインと新機能


CARISTAは、ディーラーレベルの自動車診断パッケージをモバイルアプリで提供できるよう尽力して参りました。長年にわたって世界中の100万人以上のユーザーが車両の問題を診断し、隠された機能を有効にするためにコーディングを施し、DIYツールとして利用することを支援してきました。

今回、診断機能をより直感的で便利なものにするために工夫を加えました。

1. スキャンしているECUをリアルタイムで監視します

診断データの表示方法を変更しました。車両のDTC(故障コード)を確認するために数分待つことなく、どのECUがリアルタイムでスキャンされているかを確認することができます。ECUがスキャンされると画面に表示され、ECUの診断中であってもどのようなトラブルコードが含まれているかを確認できます。つまり、例えばABSライトのみを診断する場合は、診断プロセスの全体が完了するのを待たず、ABSのECU診断結果を確認できます。

2. 診断プロセスの途中で特定のDTC(故障コード)をリセットできます

車両のすべての故障コードではなく、特定のECUのDTCのみクリアしたいというご要望がありました。今回はそのご要望にお応えしました。リセットしたいECUをタップして、「リセット」ボタンをタップするだけです。アプリはECUをリセットしてから、自動的に再度DTCをチェックして、問題がなくなったことを確認できます。このプロセスは、目的のECUをリセットしたら、最後まですべてのECUが診断されるまで待つか、そのまま診断を終了するかを選ぶことができます。

#お知らせ

© 2018-2019 Takatoki Ishii /JUNOS TRADING