• HANZO

ディーゼルパティキュレートフィルタ(DPF)再生


DPF再生とは?

すべてのフィルタは、何を収集するように設計されているかに関係なくクリーニングが必要となります。

ディーゼルパティキュレートフィルタ(DPF)も例外ではありません。このフィルタをクリーニングするプロセスは一般的にDPF再生と呼ばれています。

この再生により、収集された煤(すす)を燃やしてフィルタが詰まらないようにすることができ、DPF再生はパッシブとアクティブの2つのタイプがあります。

パッシブ再生:

時速約110km/hで走行すると、パッシブ再生が動作します。その速度では排気ガスが十分に加熱されるためにDPFに収集された煤が燃焼します。しかし、ほとんどの人は通勤などで車を運転しているため、長時間このような速度に到達しない可能性があり、最終的にフィルタが詰まってしまう可能性があります。

アクティブ再生:

DPFを再生するために十分な速度に到達しない場合はフィルタが詰まってしまい問題となるため、メーカーはこの問題に対して解決方法を用意する必要がありました。その解決策は、煤レベルが特定の閾値に達すると動作するDPFのアクティブ(能動的)な再生です。(ほとんどの車では、この値は45%以上に設定されています)

集積した煤がこの量まで達すると、排気ガスの温度を上げる燃焼後の燃料噴射プロセスを引き起こします。これにより、高速度で運転していない時でも、DPFの煤を燃やすことができます。

アクティブ再生では時速約60㎞/h以上で15-30分間運転する必要がありますが、これが終わる前に目的地に到着してしまった場合は、DPF警告灯が表示される場合があります。

この状態が長く続くとフィルタが根詰まりし、車がリンプモード(フューエルシステムの故障)に陥りDPFを再生できなくなります。

ここまで至ってしまった場合は、非常に高価な新しいフィルタに交換しなければいけなくなってしまいます。

CARISTAは、車両の煤の値を監視し、いつでも手動でアクティブDPF再生を動作させることができます。

このようにしてフィルタの煤レベルを管理して、適切なタイミングでDPF再生することにお役立てください。

#機能

© 2018-2019 Takatoki Ishii /JUNOS TRADING